ボヤキ通信25

25 PCR検査体制構築を急げ

PCR検査が受けられないことが大きな問題となっている。感染者の家族でも受けられないケースが出ているという。

安倍首相も検査機器を12,000件/日から20,000件/日体制に早急に引き上げると発表している。

しかし現時点での検査は4,000件/日である。検査の深刻な遅れは検査機器の不足ではなく、検査の司令塔である保健所の人的崩壊が最大の原因である。

緊急に保健所の人的体制を強化することは厚労省でも知事でもその気になれば1カ月以内には出来るはずである。にも拘らず問題提起されて2カ月経っても一向に改善されず、首相は相変わらず20,000件/日体制にばかり言及している。何故保健所の体制立て直しに言及しないのか?何故ことの本質が見えないのか?

安倍首相はPCR検査で「ドライブスルー方式を検討する」と言い出した。この方式は韓国が早くから実践し効果を挙げ、世界各国が導入している。今頃になって検討するとは、この国の指導者は感染爆発、医療崩壊を本気で防ぐ気はあるのか?

※世界の検査状況(人口1,000万人当たり) (4/9TBSTV放送から)

オーストラリア・イラリア 12,000件

ドイツ 11,000件

韓国  9,100件

アメリカ 5,800件

日本  365件

関西支部 神原克收

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA