旅の医療・健康エピソード「歯科治療」 畑邦子 記

その他

海外旅行保険の範囲に歯科が含まれていない状況での話です。

Sydneyで滞在中に”むし歯”のカバーが一つとれてしまいましたので、日本語のできる歯医者さんがおられるSydney在住の歯医者さんへ行くのも一つのアイデアでしたが、その日本語で楽に通院できる分、少し治療費をお高く設定してある値段を提示されていたので、私はThe University of New South Wales(UNSW)の歯科へ行き、少しお値段が市場より安く治療できました。

しかし保険でのカバーされる内容は通常日本では、セラミックでの歯の治療は保険の範囲での治療費より高いのが通常ですが、UNSWのドクターは日本の歯科のシステムの違いをよく知っておられ、オーストラリアでは、セラミックといわゆる日本での保険の範囲での治療費はほとんど同じ金額なのでセラミック治療を勧められ、セラミックによるむし歯のカバーの破損カバー治療を依頼し完了しました。

国によるかも?ですが、たいてい歯科の治療は保険のカバー対象でない場合が多いので、その時は、どっちが都合良いか判断を治療スタート前にされる事をお勧めしたいのと旅立つ前に歯のケア又は治療済みでの旅立ちをお勧めです。

今は歯の治療含まれた保険の提供があるかもなのですが、今現在の保険内容をすみません

知りませんが歯痛とか起こるかも?なので出発前に治療を済ませてを旅の前のご留意点の一つに加えて頂ければと思っております。

編集担当 高田幸夫

その他

コメント

longstayclubをフォローする
ロングステイクラブ関西