フィリピン ダバオレポート

現在フィリピンのダバオ市に滞在しております。
フィリピンもコロナウイルスの影響大で日本ほど感染者が出ていないようですが、防疫対策は、非常に厳しい態勢をとっています。
マニラなど主要空港は閉鎖しており、我々海外からの滞在者は、完全に封じ込められている状況です。4月14日までは帰国出来ません。4月15日から封鎖は解除され、帰国が可能となりますのでチケットの手配はしてあるものの、状況によってはどうなるか何とも言えない状況です。
昨日は、ビザの延長手続きに行ってきました。手続き費用は1か月延長で3030ペソ、日本円換算約6500円でした。さらにアパートの延泊料が約26000円。合計で32500円もの余計な出費になりました。
半月もの延泊で何をして過ごそうかと考えていますが、原則的に不要不急の外出は禁止されていますし、近くのショッピングモールやレストランなども休業しており、開いているのは食料品を扱うスーパーだけです。そんな状況でアパートでポカーンとしているしかありません。そんなことで、暇にかまけて、このレポートを書いている次第です。
この先、コロナウイルスは、どのような状況になるのか全く分かりませんが、なるようにしかならないし、自分の力ではどうすることも出来ないし、焦らずにゆっくり構えて、日ごろ出来ないことをしていこうと思っています。
まあ、日本に帰るより、防疫対策の徹底しているフィリピンの方が安全だと思ってプラス思考に考えることにします。
写真は、閑散としたダバオ空港
関西支部 正木伸治

コメント