会員の奥田洋氏「藍綬褒章」叙勲   HP編集担当 高田幸夫 記

その他

 令和3年春の叙勲、褒章においてLSC会員である奥田洋さんが受章され、LSC関西の編集担当は奥田さんにZOOMインタビューし、その内容をまとめましたので会員の皆様に報告いたします。

褒章名と受賞理由

奥田洋さんが受賞されたのは藍綬褒章です。藍綬褒章は産業の振興や社会福祉の増進などに優れた業績を残した人や国や地方公共団体から信頼されて行われる公共の事務に尽くした方に贈られるもので、今回の奥田さんの場合は保護司として長年尽くされたことに対する受賞です。
褒章は天皇陛下の名において徴章と共に時の内閣総理大臣が毎年2回、春はみどりの日に秋は文化の日に表彰するものです。2月末に奥田さんのもとに保護観察所から内示があった時、突然の通知にびっくりして唯々驚くばかりであったそうです。

受賞された 奥田 洋 さん

授賞式

 本来であれば法務省において伝達式が行われ、その後皇居に参内し、天皇皇后両陛下に拝謁し、お言葉を頂くことになっていましたがコロナ禍の中、感染蔓延防止の観点から中止となってしまった。奥田さんの奥様が雅子皇后様にお会いするのを楽しみにしておられたそうですがとても残念なことです。但し、一定期間を経て特別に「宮殿見学と写真撮影」が実施される予定です。

内助の功「奥様と共に!」

保護司とは

 保護司の任務は、犯罪を犯し刑を受けた者が刑期満了近くになったとき、あるいは初犯などで裁判所が保護観察処分を付した者に保護観察所を通じて保護司に月2回の面接を受けるよう指示されます。その者が同じ過ちを犯さないように相談に乗ることが主な仕事です。
 保護司は非常勤の国家公務員職ですが報酬が支払われないためボランティアの仕事です。保護司は誰にでもなれるわけではなく、人格行動について社会的信望があり、職務遂行に必要な熱意を有すること、生活が安定しているなどの要件があり、保護司選考会を経て委託されます。ちなみに保護司著名人の中には女優の木暮美千代、歌手の鳥羽一郎、元ニュースキャスターの真山勇一・・・などがいます。このような任務を奥田さんの場合は24年間も従事されたということは頭の下がる思いです。

保護司を始めたきっかけ

 保護司を始めたのは、たまたま近くの知り合いの方が保護司の仕事をしており、奥田さんが現役でお仕事をしている頃からPTA,町会や子供会の世話をしており、その方の目に留まったことが始まりだそうです。当初は任務について十分に理解できない状況で軽い気持ちで引き受けたとのことでした。

苦労話

  奥田さんの保護観察の対象になる人は、男女を問わず中学生ぐらいから大人の方までの方です。保護観察期間は2~3年ぐらいです。3年前ぐらいに面談する場所としてサポートセンターが設置されましたが、それ以前はそんな施設もなく自宅に本人を招いて面談していたそうです。対象者は初対面のため心を開かすために腐心したと語っています。話が核心の部分になると避けてしまうことが多く信頼関係を築くのに一苦労したそうです。また、本人の家庭環境を知るために2ヶ月に1回、本人の家を訪ね家族とも面談することも大事な仕事であった。守秘義務があり自分の家族と云えども対象者と会えなく二人だけとなるため、若い女性との面談ではパワハラとかセクハラと思われないような言動にかなり気を配ったと笑いながら言っておられました。

趣味の尺八・・・LSC関西の懇談会でも演奏して頂きました。

趣味のサイクリング・・・LSCのサイクリング同好会に所属してお世話をしていただいています

保護司をしていてよかった事

 

 保護観察期間満了を迎えるころになるとお互い理解しあえるようになり、社会に送り出すときは一つの任務を終えた満足感を得て、この仕事をしていてよかったと感じる瞬間だそうです。また、奥田さんの担当した人には再犯はなく、保護司としての役目を果たし続けていることもよかったことの一つとか・・・。

受賞記念のコンサートと披露会

受賞を記念して、奥田さんが長年趣味として携わってきた尺八の会、第15回リサイタルを11月頃に開催予定をしている中で、チャリティーコンサートとし皆さんに受賞を披露させて頂きたいと思っているとのことです。
 インタビューの最後に会員に対する要望をお聞きしたところ、保護司の仕事を引き受けてくれる人が少なくなっており、会員皆さんのお子さんや知り合いなどを是非推薦してほしいとのことでした。奥田さんは終始笑顔で質問に対して丁寧にお答えいただきました。ありがとうございました。

 保護司という難しいお仕事にボランティア(無報酬)で長年携わって社会に貢献された成果が今回の受賞です。心からお祝い申し上げます。ご家族や私たちLSCの誇りです。今後とも元気でご活躍を期待したいと思います。

LSCサイクリング同好会の仲間と共に島根県:宍道湖・中海を走る

その他

コメント

  1. 畑 邦子 より:

    奥田様

    受賞おめでとうございます!

    とても心が晴れる良いお話を、ロングステイクラブの編集で、読ませていただきありがとうございました。
    私もいろいろ私のできる事で、ボランティアするように心がけ、3つのグループ活動の中でその1人としてボランティアに参加活動しておりますが、ボランティアを理解して、ボランティア活動しても良いなと、思う人が少なくなってきているなと、思うこの頃です。助け合いの精神が心豊かにすると、私は信じてコロナ禍で、ストップしている活動の再開を待つ日々です。

    • 奥田洋 より:

      畑 邦子 様

       この度の私の藍綬褒章受賞にあたりまして早々にご祝意と
      お励ましの言葉を頂戴し誠にありがとうございました。
       今後とも受賞致しました意義と皆様のお励ましに反する事の
      無いように日々精進に努めて参りたいと心を新たにしています。
       大変略儀なお礼状で失礼しますが今後ともご指導ご鞭撻頂き
      ますようにお願い申し上げます。
       末筆ながら貴方様、ご家族皆様のご健康とご多幸を祈念
      申し上げお礼のご挨拶とさせて頂きます。
        
          令和3年6月14日     奥田 洋

  2. 高原政玉 より:

    奥田さん、叙勲おめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。いつものひょうひょうとしたイメージ(失礼しました)とは想像もつかない長年の地道な活動に敬服いたしました。

    • 奥田洋 より:

      高原 政玉 様

       この度の私の藍綬褒章受賞にあたりまして早々にご祝意と
      お励ましの言葉を頂戴し誠にありがとうございました。
       今後とも受賞致しました意義と皆様のお励ましに反する事の
      無いように日々精進に努めて参りたいと心を新たにしています。
       大変略儀なお礼状で失礼しますが今後ともご指導ご鞭撻頂き
      ますようにお願い申し上げます。
       末筆ながら貴方様、ご家族皆様のご健康とご多幸を祈念
      申し上げお礼のご挨拶とさせて頂きます。
        
          令和3年6月14日     奥田 洋

  3. 本村忠司 より:

    奥田さま

    この度の藍綬褒章受章、誠におめでとうございます。
    長年の地道な活動が認められ、ご苦労が少しだけ報われた事と思います。

    義父も、ずいぶん前に保護司としての活動で受賞した事があります。
    現在、亡くなった義父の部屋を整理していますが、保護司当時の書類やメモが残されており、
    シュレッダー処分に励んでいます。
    守秘義務のある書類でしょうから詳しくは目を通しませんが、シュレッダーしながら斜め読みするだけでも、義父の苦労と保護対象者やその家族とに使う膨大な時間にビックリしたりしています。
    また、知人2人が現在も保護司として活動中です。
    受賞記念のコンサート、楽しみにしています。

    コロナが収まれば宮中見学ができるとの事、楽しみですねぇ。

    • 奥田洋 より:

      本村 忠司 様

       この度の私の藍綬褒章受賞にあたりまして早々にご祝意と
      お励ましの言葉を頂戴し誠にありがとうございました。
       今後とも受賞致しました意義と皆様のお励ましに反する事の
      無いように日々精進に努めて参りたいと心を新たにしています。
       大変略儀なお礼状で失礼しますが今後ともご指導ご鞭撻頂き
      ますようにお願い申し上げます。
       末筆ながら貴方様、ご家族皆様のご健康とご多幸を祈念
      申し上げお礼のご挨拶とさせて頂きます。
        
          令和3年6月14日     奥田 洋

      • 奥田洋 より:

        谷口 孝行 様

         この度の私の藍綬褒章受賞にあたりまして早々にご祝意と
        お励ましの言葉を頂戴し誠にありがとうございました。
         今後とも受賞致しました意義と皆様のお励ましに反する事の
        無いように日々精進に努めて参りたいと心を新たにしています。
         大変略儀なお礼状で失礼しますが今後ともご指導ご鞭撻頂き
        ますようにお願い申し上げます。
         末筆ながら貴方様、ご家族皆様のご健康とご多幸を祈念
        申し上げお礼のご挨拶とさせて頂きます。
          
            令和3年6月14日     奥田 洋

  4. 堀口昌之助 より:

    尺八の奥田さんと言うのが私の認識でした。
    言わずに、この大切な仕事をされていたことは、存じませんでした。
    長い間のお世話がこのようにして、叙勲ということになりました。
    本当にお役目ありがとうございました。

    • 奥田洋 より:

      堀口 昌之助 様

       この度の私の藍綬褒章受賞にあたりまして早々にご祝意と
      お励ましの言葉を頂戴し誠にありがとうございました。
       今後とも受賞致しました意義と皆様のお励ましに反する事の
      無いように日々精進に努めて参りたいと心を新たにしています。
       大変略儀なお礼状で失礼しますが今後ともご指導ご鞭撻頂き
      ますようにお願い申し上げます。
       末筆ながら貴方様、ご家族皆様のご健康とご多幸を祈念
      申し上げお礼のご挨拶とさせて頂きます。
        
          令和3年6月14日     奥田 洋

  5. 谷口孝行 より:

    奥田様
    この度は藍綬褒章受章、おめでとうございます。

    苦労話の中に「守秘義務があり……二人だけとなるため、若い女性との面談ではパワハラとかセクハラと思われないような言動にかなり気を配ったと笑いながら言っておられました。」との一文がありました。
    この部分を拝読し私の親しい精神科のA先生が涙ながらに話されたことを思い出しました。
    それは、40年も前のことです。統合失調症の女性の治療に当たっていたA先生の友人(同じく精神科 B-Dr)がセクハラ(当時はそういう言葉は使われていない?)で訴えられた。マスコミに追いかけられた。事実とは異なるが自分は担当医だからマスコミに注視されても仕方がない。しかし、妻や子供たちをも土足で踏み込むように追っかけまわす。マスコミから家族を守るには自分が死ぬより他ない、と言って自殺された。その無念の思いをA先生に手紙に綴って送られた。

    このようなことを思い出して、二人だけで面接されることのある保護司のお仕事の大変さに思いを馳せ、それを24年もの長い間続けてこられたことに心より敬意を表したいと思います。

  6. 井藤 正治 より:

    奥田 さま
    叙勲 おめでとうございます。24年もの長きにわたつて、ボランティア、保護司、素晴らしい!
    これからも、後輩の指導も合せてご活躍下さい。

    • 奥田洋 より:

      伊藤 正治 様

       この度の私の藍綬褒章受賞にあたりまして早々にご祝意と
      お励ましの言葉を頂戴し誠にありがとうございました。
       今後とも受賞致しました意義と皆様のお励ましに反する事の
      無いように日々精進に努めて参りたいと心を新たにしています。
       大変略儀なお礼状で失礼しますが今後ともご指導ご鞭撻頂き
      ますようにお願い申し上げます。
       末筆ながら貴方様、ご家族皆様のご健康とご多幸を祈念
      申し上げお礼のご挨拶とさせて頂きます。
        
          令和3年6月14日     奥田 洋

  7. 神原克收 より:

    奥田さん

    お祝いが遅くなりましたが受章おめでとうございます。
    見返りのない奉仕活動を24年も続けられたことに対し心から敬意を表します。
    趣味の尺八だけでも凄いと思っていましたが、24年の長きに亘っての保護司活動、本当に頭が下がります。本当にご苦労様でした、お疲れさまでした。
    記念コンサート楽しみにしています。

    • 奥田洋 より:

      神原 克政 様

       この度の私の藍綬褒章受賞にあたりまして早々にご祝意と
      お励ましの言葉を頂戴し誠にありがとうございました。
       今後とも受賞致しました意義と皆様のお励ましに反する事の
      無いように日々精進に努めて参りたいと心を新たにしています。
       大変略儀なお礼状で失礼しますが今後ともご指導ご鞭撻頂き
      ますようにお願い申し上げます。
       末筆ながら貴方様、ご家族皆様のご健康とご多幸を祈念
      申し上げお礼のご挨拶とさせて頂きます。
        
          令和3年6月14日     奥田 洋

longstayclubをフォローする
ロングステイクラブ関西