老い楽通信3 神原克收 記

随筆/雑記

3.コロナワクチン

菅総理はワクチン担当大臣に河野太郎大臣を起用した。コロナ対策で迷走した内閣で久々のヒットである。(そう期待したい)コロナを解決する切り札はワクチンという認識は専門家の間では常識であろう。ところが国民はそうは思っていないようだ。次の3つのデータをご覧頂きたい。

1ワクチンの効果と副作用(ファイザー製の場合)予防効果:95% 重篤な副作用:10万人に1人(但し治療薬はあり死者はない)

2コロナによる日本での死者約4,600人(1/19現在)=2.7万人に1人この先数カ月で日本の死者は1万人を超えるのは時間の問題。≒1万人に1人

3ワクチン接種希望調査

①    電通の調査(2020/11/20)すぐ接種したい:7%、様子を見てから:43%、安全性が完全に立証されてから:35%、接種したくない:15%

②    クロスマーケティング社の調査(2020/12/20)すぐ接種したい:8%、様子を見てから:50%、安全性が完全に立証されてから:35%、接種したくない:22%、判らない:7%

※ワクチン接種をためらう主な理由は①②とも「副作用が心配」である。

日本人は1万人に1人死ぬコロナより10万人に1人出るワクチンの副作用の方が怖いと思っている。

政府はワクチンの効用をもっとPRすべきである。

マスコミは副作用ばかりを強調して恐怖を煽るより、ワクチンの効用と副作用を事実に基づいて素直に報道して貰いたい。

+10

コメント

  1. 堀口昌之助 より:

    ビールスで調べると、敵は空気と同じ大きさの石のような無生物で、生体に入ると生物として生き返る。無生物と定義されている、医者では、ましてや政治家では何ともならない相手であることでしょう。
    唯一の解決策のワクチンですが、この接種には医師会の協力を求めればいい。いつも文句ばかり言ってらっしゃるので、ご登場願い貢献していただきたい。ワクチンはコロナではないので、全国の町医者で接種できる。そこでまた感染症の法律が妨げるのであろうか、河野さんを立てないとできない規制や縦割りの弊害があるようで、接種は5月からとなった。オリンピックは何時から?
    普通は義務であるはずのワクチンであるが、自由というから打つ、打たないとなる。結局は時間が解決するのでしょう。流行り病ですから。昔からそうでした。出来たことは、祇園祭など厄払い。
    死者が間もなく5000人というが、わが国では、年間130万人がお亡くなりになります。コロナは宝くじに当たると言えば不謹慎ですが、我々にとっては、人の死は森羅万象、欧米のキリスト教国では、神の主示し。だって国単位で20万人からなくなっていますが、かの国々の世間は静かなものです。

    +1