映像作品:立山連峰「スロー登山を楽しむ」(10分)

立山スローライフ登山タイトル 国内旅行体験記/記録

夏山シーズンがやってまいりました。過去に登った立山連峰の映像を編集して映像作品が完成させましたのでご覧頂きたい。

★映像作品と写真

次のアドレスにアクセスをすれば映像作品:立山連峰「スロー登山を楽しむ」がご覧いただけます。

https://youtu.be/ETZmlVvldbw

立山スローライフ登山タイトル
★モデルコース

●初日: 大阪➡富山駅➡立山駅〈cableカー〉➡美女平バス➡室堂

宿泊:室堂平

●二日目:

 室堂〈徒歩〉➡室堂山カルデラ展望台〈徒歩〉➡浄土山〈徒歩〉➡一の越〈徒歩〉➡立山山頂〈徒歩〉➡一の越〈徒歩〉➡みくりが池・温泉〈徒歩〉➡天狗平➡弥陀ヶ原

       宿泊:天狗平 又は 弥陀ヶ原

●三日目:

 弥陀ヶ原〈徒歩〉➡弥陀ヶ原カルデラ展望台〈徒歩〉➡弥陀ヶ原湿原散策➡美女平〈cableカー〉➡立山駅➡富山駅➡大阪

★作品を作った背景

私の趣味の一つに登山がある。若い頃は、重い荷物を背負って頂上を目指して必死に登ったものである。頂上を極めたときの喜びは今でも忘れられない。

70歳を過ぎた今でも山登りに対する憧れがある。これからは頂上を極める山登りではなく自然を味わいながら楽しむ山登りをしたいと思う。

山登りには「登山」と「下山」がある。青春の頃の山登りは「登山」に意味があると考え、頂上に達した時はクライマックスとなり、雲海を眺めながら最高の達成感を味わった。一方「下山」は”オマケ”か”付録”のように思って、時には走って駆け下りたときもあった。

しかし、最近では「下山」にこそ意味があり、もっと楽しめるように思ってきた。下山するとき転倒しやすく注意は必要であるが、「登山」では味わえない余裕がある。足元に咲く可憐な高山植物の花も綺麗だ。立ちとどまって見下ろす下界の展望も素晴らしい。視野を広げたり、遠望したりすると感動の連続である。道行く人との会話も楽しいものである。

人生にも「登山」と「下山」がある。体力的にも峠を越えると下山の道を歩くことになる。しかし、その道は付録の道であってはならない。工夫次第で「下山」が楽しくなる。

私の故郷・富山の立山連峰でスロー登山を試みてみた。スロー登山の楽しみ方をビデオ作品にした。スロー登山を楽しんで人生を豊かに優雅に実り多いものにしていきたい。クライマックスは「山頂」で終えるのではなく、「下山し終える」まで続けられるように思って来た。是非ご覧頂きスロー登山を是非体験して頂きたいと思っている。

国内旅行を対象にした旅行代金半額支援の「Go TO トラベル」事業が始まりそうです。国内の自然がいっぱいの所であれば新型コロナにも安心できそうです。

     高田幸夫(TAKATA YUKIO)

 

 

国内旅行体験記/記録 西日本

コメント

  1. 本村忠司 より:

    スロー登山、いいですねぇ
    素晴らしい景色(雲海・湖・高山植物)と沢山の登山客、小さな子供達もいるのにビックリしました。
    BGMとナレーションも素晴らしいです。
    宮古島のレポートも楽しみにしています。

    • 高田幸夫 より:

      本村様
       ありがとうございます。
       宮古島は天候にも恵まれて最高でした。
      そのうち、宮古島もアップします。

longstayclubをフォローする
ロングステイクラブ関西