ボヤキ通信38

38 マスコミはレッテル貼りを止め事実を見よ(その1)

 アフターコロナを睨み米中の対立が激しさを増している。米中の応酬に対するマスコミの対応を見ていると看過出来ない

問題があるように思う。特にトランプ大統領の発言には必ずレッテルが貼られていて、発言内容の正否は吟味されないまま

報道されている。

 レッテルは次のようなもの。曰く「11月の大統領選挙目当ての発言だ」、「自らのコロナ対策遅れをカモフラージュ

するため中国叩きをしている」等である。

トランプ大統領の発言内容が正しいのかどうか、事実に基づいているのか否か、に付いては殆ど検証されず、

ただ「選挙目当ての発言だ」「アメリカのコロナ対策遅れを隠すのが狙いだ」で片づけられている。

発言内容は米中どちらに理があるのか、発言の本気度がどの程度か、本気であればアフターコロナの世界はどう変わるのか、日本はどう対応すべきか等に踏み込んだ報道は殆どされず、レッテルを張るだけの記事が余りにも多い。このマスコミの堕落が日本を危うくしている。                                   関西支部 神原克收

その他

コメント

longstayclubをフォローする
ロングステイクラブ関西