テスト投稿2

関西支部 正木伸治です。新規投稿されたときにメールで自動的に通知されるプログラムのテストです。通知メールを受信後、削除頂けたらと思います。

フィリピンのダバオ市のウイルス対策状況

関西支部の正木伸治です。
コロナウイルスのせいで再三の帰国便フライトキャンセルに遭いフィリピンのダバオ市のアパートに閉じ込められています。厳格な外出禁止令が出ており、アパートに籠りっきりです。(泣)
そんなことで、暇を持て余していますので、昨日下記の記事をFACEBOOKにアップ致しました。見て頂いた方もいらっしゃると思いますが、LSC関西新ホームページにもアップ致します。ご了解下さい。

ロックダウン中のダバオ市

ダバオ市は完全ロックダウン状態です。食料や医薬品を買う為に外出する以外は、外出禁止です。僕は食料を買う以外は外出していませんので、よく知らないですが、あちこちに検問所があるらしく、警官はおろか軍隊までが検問に当たっているらしいです。印象としては、この外出禁止令はよく守られているような気がします。ダバオ市は、以前にテロ警戒で戒厳令がしかれていたこともあり、市民は慣れているのかも知れません。
先日、日本人の不埒ものが、外出禁止令が出ているさなかでビーチでサーフィンをしていて逮捕されたと言うニュースを見ました。
フィリピンは、このロックダウンを忠実に厳格に実行しているようです。
日本とは単純に比較出来ないですが、今のフィリピンの状態を見ていると、日本より安全であるという気がしてきます。

てな状態で毎日が暇です。

JPローレルと言うダバオ市のメインロードの一つ

自動車も非常に少ない。普通この道路はいつも渋滞に近い状態です。

スーパーで食料品を買う為に並んでいます。規律正しく間隔が開いています。

列が出来るのは、スーパーが入場者数の制限をかけているからです。スーパーの中はガラガラです。

FMパスカード food とmedicineを買う為に外出する為のパスです。これがなければスーパーへの入場は拒否されます。しかし、僕がこのパスを取得する為にひと苦労がありました。最初にバランガイと言う地域役場に行ったところ、頭からシニアは発行出来ないと言われました。困り果ててアパートのオーナーに相談したところ、オーナーが役場に言ってくれ、やっと発行して貰えました。市の各役場への通知が徹底していなかったのです。この辺はいかにもフィリピンらしいところです。

四国・八田(南三陸町復興支援旅行と太平洋フエリー)

ロングステイクラブの皆様へ

4/18(土)皆様お早う御座います。
今日は北海道(苫小牧)-仙台ー名古屋を海で結ぶ太平洋フエリーさん
がこの自粛ムードが長期間続くこの時期に皆様がお家にいても船旅気分
を楽しんでいただけるよう動画を作ってみました!と航路40時間の船
の旅を約5分間の動画に纏めあげってくれた素晴らしい動画ですどうぞ
「下記をクリックしご覧下さい。」
https://www.youtube.com/watch?v=wMmNVwlXGBk&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1fzOEZaqBW-J3L1i-T8oPPgh4AIm5RFiedVVX0afwT0mg0AaJuVbvrWEQ
こちらのBGMは、当社の船に乗ったことがある方なら一度は耳にした事
があるのではないでしょうか
今回の旅は「いしかり」です♪
(実は別の船の素材が混ざっているところがありますので探してみて下さい)
区間は見てのお楽しみです。苫小牧 仙台 名古屋のどの区間?
約40時間の船旅、どうぞお楽しみください!

太平洋フエリーは私は毎年仙台から名古屋までの下り便を利用しています。
この仙台から名古屋行きの昼間(午後2時前後?)は太平洋上で名古屋から
仙台に向けて航行中の同型船と接近すれ違いシーンとそして汽笛でのお互い
「ごきげんよう」挨拶の感激シーンが体験できます。

その感激シーンの後は船内でピアノコンサート他盛りだくさんの催し物・美食
のディナー・夜のデイナー後のコンサート等あり船旅の良さ充分感じる抜群の
フエリーの旅です。

既に6年が経過しましたが私は毎年、宮城県・南三陸町への復興支援旅行を企画
し大勢の同好会仲間と共に現地に出向き宿泊し・語り部バスに乗車し・震災当時
の模様と現在の復興状況の歩みを自分の目で見て現地の生の声を聴き現地でお金
を使う事がその地域の人の雇用他色々な面で役立つ事を知り大勢と一緒に訪問を
毎年続けています。

お陰で今では多くの方がこんな人の為になる心に残る感激の旅は初めてと次は家族
で・兄弟で・グループで・同好会仲間と・親孝行で両親と・と大きく輪か広がって
います。

震災当時はこの被災地も毎日の様に報道されましたが大きな台風被害や地震被害の
現地は時間が経過すれば忘れ去られてしまって行く現実も毎回目にし耳に聞き人と
して出来る事をよってたかってスクラム組んで明るく元気に 未災地の人が被災地
の人の為に をモットーに微力ながら好きなフエリーの旅と共に応援させて頂いて
います。
「写真説明」

□震災2年前(2009年)のどかな南三陸町の町並み
□震災直後の荒れ果てた南三陸町(2011年3月11日午後2時46分)
□震災から8日後の上空写真
□ホテル観洋から見る志津川湾の素晴らしい日の出
□太平洋フエリー 昼・夜のピアノ平山晶子コンサートとCD

□毎年訪問のLSCの皆さんと ホテル観洋 での懇親会   

今年もオールLSC(関東・関西合同で)で11月初旬訪問予定をしており
7月に事前準備打合せで訪問して来ます。(報告)  四国 八田忠