もう一度行ってみたい(メコン川) 十河和夫記

海外旅行体験記/記録

国境の町ストウトレインからクメール王国の遺跡アンコール・ワットへ

世界中から観光客が押し寄せるアンコール遺跡群。9世紀から15世紀にかけて栄えたクメール王国の夢の跡である。

宿泊地はシュムリアップ。ここがアンコール遺跡群やトンレサップ湖への観光拠点となる。

この街で見過ごしてはならないのが「パブ・ストリート」だ。さまざまな国籍の観光客が集まってくる怪しげな場所(ぼくが大好きな異空間だ)。

店の多くは昼間から店を開けている。昼間のハッピーアワーのビールは0.7$だ。安酒を目当てにシニアの男たちが集って来る。

いろいろ訳ありの男たちのグループだが、諍いごとは少ない。日がな一日、することも無くちびちび酒を飲みだべっている。

ここでのロングステイは天国だ(酒は美味いし、姉ちゃんは綺麗‥)

しかし、男たちの多くは、いずれ(金が無くなると)この天国から追放されるのだ。男たちに安住の地は無い(と想像してしまう)。

シュムリアップでは戦場カメラマン石川文洋も滞在し、カンボジア内戦を撮っている。彼の本からはカンボジアの悲惨な歴史が伝わってくる。

ポルポトの虐殺を知るのは内戦が終わってからだ。

Windows 10 版のメールから送信

+12

コメント