もう一度行ってみたい(メコン川) 十河和夫記

海外旅行体験記/記録

ラオス、シーパンドンからカンボジア、国境の町ストゥントレインへ。

シーパンドンもストゥントレインもメコン川で栄えた町だ。船で下ることが出来れば便利なのだが、今はバスで国境を越えるルートしかない。
このルートを利用してカンボジアへの国境越えする人は少ない。ぼくは、今回で3回目だが一度も日本人に出会うこと無かった。

タイ側イミグレーション

カンボジア側イミグレーション

国境を越えても寂しい所だ

バスの待合所になっている売店

ストゥントレインからメコン川を下ってプノンペンに向かうルートとバスでシェムリアップに向かうルートに分離する。
今回は妻がアンコール・ワットに行きたいというのでシュムリアップルートを取ることにした。

メコン川の物流で栄えた町だが、観光地は無いので観光客は少ない。
ぎすぎすした雰囲気は皆無でほっとする町。ぼくが好きな雰囲気の町だ。
早速、川沿いの屋台で川魚をあてにビールを飲む。

日本はこんな辺鄙にも援助をしていた

晩も屋台でビールを飲む。

十河和夫 KAZUO SOGOU532-0012
大阪市淀川区木川東2丁目20-15
Eメール kazusogou

海外旅行体験記/記録アジア

コメント

longstayclubをフォローする
ロングステイクラブ関西