もう一度行ってみたい ・・・ オアフ島(ハワイ)  大阪府藤井寺市  宗村新一郎

太平洋諸島/オセアニア

日常から非日常へ…世界がうらやむリゾート
世界有数のリゾートとして知られるハワイ諸島は大小様々な132の島々からなっています。中でも観光の拠点となるオアフ島をはじめハワイ島.マウイ島.カウアイ島.ラナイ島.モロカイ島が知られています。日本人が“ハワイ”と聞いて思い浮かべる、いわゆるビーチやショッピングエリアがあるのは“ハワイ”のごく一部なのです。今回はいつ来ても変わらない、いつ来ても新しい、オアフ島をご紹介したいと思います。

海から見たワイキキビーチ ホノルル・ヨットハーバー

オリエンテーションハワイ全人口の70%約99万人が集中している州都ホノルルは政治・経済の中心地、ハワイ観光の拠点としても活気にあふれ、空の玄関口となるホノルル空港(現在はダニエル・K・イノウエ空港)には、世界各国から毎年約900万人の観光客が降り立ちます。高層ホテル群や大型ショッピングセンターが揃う近代的なリゾート、点在する美しいビーチ、冬にはビッグウエーブが押し寄せるノースショアや雄大なコオラウ山脈等のダイナミックな自然が共存、ハワイ王朝を偲ぶ歴史スポット、多国籍文化ならではのグルメなど多彩な魅力にあふれています。

夕日の沈むワイキキ

そして夕刻、ホテルのラナイでサンセットを眺めるひととき、日中あれほど強烈だった日差しが嘘の様に涼しい風が吹き抜けていく。どこからかハワイアンミュージックの調べが流れてくる・・・「ハワイに又来よう」心からそう思える瞬間です。
当初3月・9月に旅していましたが、ハワイの先輩諸氏から「同じ来るのであれば6月が良いよ。5月のGWも過ぎ少し落ち着いた時期で、気候もカラッとした晴天が続き、快適でゴルフ仲間も多いし、日本では余り見られない虹も見られる。」とのお誘いを受け、それ以降6月に来島しています。
私の好きなワイキキ地区は世界有数のリゾートエリアで観光客にとっての島の中心地はこちら、美しいビーチ・ダイヤモンド・ヘッド・人気のショピングモール・各国の料理が楽しめるレストラン・ホテルやコンドミニアム等の宿泊施設・ハワイの全てが揃っていると言えます。

 宿泊のヒルトン・ハワイアン・ビレッジとハワイを統一したカメハメハ王

【費用】
東南アジアの安さと比較すると頭が痛いところです。日本人に人気の、ビーチに近いコンドミニアムで1ヶ月約¥200000〜約¥400000位と聞いています。これにゴルフ・食費・お土産を加えると可成りの出費になります。
私の場合、円高時($85の頃)バケーションクラブ(コンドミニアム)に入会しました。これは日本のゴルフ会員券システムと良く似ており、契約時に入会金が必要で、後は年会費維持管理費)を支払います。(部屋の大きさ・宿泊階等により支払額が違います)。
年々値上がりし、私の場合、年概算約¥150000位支払っている計算になります。退会時、購入金額での転売は難しい為、投資目的での購入は避けた方が賢明です。むしろ同等ホテル又はコンドミニアムに宿泊した場合と比較して考えた方が良いでしょう。

毎日繰り広げられるフラショー サーフィンの神様と呼ばれるデューク・カハナモク像

【島内交通】
移動手段の心配は不要。アメリカでベストの公共交通機関のひとつと評価されているザ・バス(市バス)、島内の幹線を網羅するルートを誇っている。ワイキキ・トロリーも5ルート(レッド・ピンク・グリーン・ブルーパープル)と色分けされており、行き先別に番号が表示されていて分かり易い。

【食事】
コンドミニアムには調理器具一式がセットされており調味料と食材さえあれば準備OK.食材の買い出しはドンキホーテ、ウオルマート、フアマーズ・マーケット、コストコで調達。肉は安く、日本の1/2位?、日本製品も多い。
(朝食)
部屋で摂り、時々ラナイ(ベランダ)で食べるのですが、油断すると小鳥に持っていかれます。要注意です。元来、和食派なのですが、こちらへ来た時はパン食になり散歩の帰り道でレナーズのマラサダ(揚げ饅頭)を買ってきます。
(昼食)
外食が多いです。ロイヤル・ハワイアンセンター / アラモアナショッピングセンターのフードコート・白
木屋。財布に余裕がある時、サントリー・カハラホテルの昼食(要予約)、数人で行くなら中華街の飲茶が美味しいです。
(夕食)
ハッピーアワーを利用した外食も、たまにはおすすめです。アラモアナホテル36Fシグネチャー、チャート・ハウス、ウルフギャング・ステーキハウス、等。

ポリネシア・文化センター

【ゴルフ】
ハワイのコースは大きく分けてパブリック・プライベート・米国軍専用の3種類がある。グループで行く時は、ハワイ滞在中の方が幹事役としてエントリーして下さることが多い様です。市営のアラワイGCが定番で、ハワイで唯一ダイヤモンド・ヘッドを眺めながらプレー出来、リーズナブルで「世界一混んでいるゴルフコースと言われています。($55+カート1台$20)

【日常】
朝の散歩、街歩き、カードラウンジでコーヒータイム+新聞、ショッピングセンター散策、高級ホテルロビー、昼寝。夕方、フラショー見学、夕日鑑賞、花火鑑賞。

ワイキキから見たダイヤモンドヘッド ダイヤモンドヘッド山頂からのワイキキ

【観光】
ダイヤモンドヘッド登山     ビショップミュージアム
ホノルル美術館         ハワイ州立美術館
フォスター植物園        ハワイ日本文化センター
クアロア・ランチ        イオラニ宮殿
パールハーバー         ハナウマ湾
シャングリラ回教美術館     スター・オブ・ホノルル(クルーズ)
ポリネシア・カルチャーセンター

国内は新型コロナウイルス緊急事態宣言発令中で、第一次コロナワクチン接種もやっと始まったばかりです。
“それでも地球は回っている”いつか以前と同じ様に旅行を楽しめる日が来る事を信じ、お元気でお過ごし下さい。
2021/2/28   宗村新一郎 記

太平洋諸島/オセアニア

コメント

  1. 山田耕作 より:

    ハワイはいいですね。訪れたのは2度ですが、記憶が鮮明です。7才の孫から、アロハに連れて行けと、事あるごとに言われます。こんな子供でも、毎年行きたいようです。

  2. 堀口昌之助 より:

    毎年行っておられるのを承知しております。ということは、行く元気と気力がこの10数年保持されたことでご同慶の至りです。権利を買ってしまい、それが梃子になったということであれば、良しとすることができます。
    ハワイの良さは、なんといっても、あの気候、すなわち肌をなでる心地よい気温と湿度です。あの環境はエヤコンメーカーでもできません。あれだけは答えられません。今でも想像できます。
    行くときは、日本の運転免許書と海外免許の両方が必帯です。そのために折角の旅行で、レンタカー借りることができなかった、苦い思い出です。

longstayclubをフォローする
ロングステイクラブ関西