ボヤキ通信26

26 デジタルシフトに備えよ

 新型コロナウイルス対策は政府の消極姿勢が明確になり収束迄相当時間が掛かることがはっきりしてきた。オリンピック中止の可能性が可成り高くなったと思う。

 感染爆発防止、医療体制崩壊阻止が急務であることは間違いないが、それとは別にポストコロナへの備えを今からしておかなければならない。

今回在宅勤務、オンライン教育、オンライン診療が一気に脚光を浴びた。変革を嫌う日本ではこれらは問題が多くコロナ時だけの一過性のものという受けとめ方が多いようだが世界的にはコロナ明けを待ってこれらが一気に普及するに違いない。

《オンライン教育》

 アメリカのアリゾナ大学ではオンラインのみで学士号・修士号が取れるし、北京大学でも全ての授業をネットで行う体制を整えたという。

 義務教育の現場でもアメリカ・中国では今回のコロナ騒動で一挙に弾みが付き本格運用が始まっているし、韓国も実施に向けてスピードが上がっている。日本でも学校の授業でタブレットを活用する方向で準備が進められているが、あくまでも学校での活用であって在宅学習がメインではない。

《オンライン診療》

 オンライン診療の初診患者への適用に対しては日本医師会の意を受けて厚労省が反対していたが、ようやくスタートした。しかしコロナが終われば出来ない理由を色々と付け、この分野でも間違いなく日本は遅れをとるであろう。

《テレワーク》 

在宅勤務も日本の給料体系は労働時間への対価が基本で在宅勤務には馴染まないが、世界の潮流は成果主義へとシフトしていて在宅勤務の土俵整理が進んでいる。ハンコ文化と紙文化も障害になるが、この際脱皮する絶好のチャンスである。そうでないと今でも世界的に見て低い生産性が更に差が開くに違いない。

 オンラインによる教育・診療・勤務には多くの問題があるのは事実であるが、 対面のみに頼るのではなく遠隔の長所も生かして両輪として活用する時代に間違いなく突入する。「問題があるからやらない」ではなく、「やって問題をどう克服するか」を考えないと5G時代の産業革命に乗り遅れる。省庁間の縄張りや自身の選挙ばかり考える時代ではない。

                                        関西支部 神原克收

四国・八田(飛鳥Ⅱ髙松初入港(平成24年)迫力の讃岐子供和太鼓集団)

ロングステイクラブの皆様へ今日は飛鳥Ⅱが高松港に初めて入港(平成24年10月)サンポート高松に
着岸するまでの風景を動画でご覧頂きます。

地元香川県三豊市(みとよ)の子供和太鼓集団”響屋(おとや)の皆さん
と香川県の船好き大勢見学者の出迎えを受けての入港着岸風景です。

クルーズ(船旅)は他の乗り物には無いこの歓送迎ムードが船好きには
たまりません。乗船客も出迎える人ももちろん初めてお会いしますが
我が家族が帰って来た時以上に大歓迎で出迎えます。

和太鼓集団 響屋(おとや)の1曲目の曲はもちろん香川県にある船の神様
琴平町にある 金比羅宮の曲 ”金比羅船々” です。
「動画0秒から笛の音お聞き下さい」
金比羅船々(こんぴらふねふね) 追風(おいて)に
帆かけてシュラシュシュシュ
まわれば四国は讃州なかのごおり
と曲は続きます。

初代・飛鳥が2006年の就航前にも、もちろん日本郵船・郵船クルーズの経営
トップの方々がここ金比羅宮に訪れ就航後の安全・安心を祈願しました。
その関係からか境内には初代飛鳥の大きな絵が今もなおきちんと飾られています。

船の神様・金比羅宮(こんぴらぐう)は毎年お正月3ケ日には海の仕事をする人や
船舶従事関係者が日本全国から安全を祈願しお参りにきます。古く昔には生涯1度
は金毘羅参りと言われた有名な所です。あの清水の次郎長も金比羅参りに来る船上
で寿司食いねえ・酒飲みねえと言った有名な所で金比羅街道と言う道が幾つも残っ
ています。

15分ほどの動画ですがStay at Home の外出自粛の今のこの時ですのでどうぞ最後
までゆっくりと出迎えを受ける飛鳥の乗船客のつもりで御覧下さい。

最後に是非この動画をご覧頂きました日本全国の皆様、色白でコシのある美味しい
讃岐うどんと人に優しい瀬戸内料理・金比羅さん・弘法大使・善通寺や瀬戸大橋・
東山魁夷美術館など見どころ一杯の青い国・四国・香川に是非お越し下さい。
心よりお待ちしております。


https://www.youtube.com/watch?v=Ai4ocz7skq8

四国・八田(マスク情報と飛行機・フエリーの空気換気について)

ロングステイクラブの皆様へ4/12(日)皆様お早う御座います。
昨夜遅く下記の様なこんな明るいニュースが流れて来ました。

「2020/04/11 23:30新型コロナ」
ソフトバンク孫会長「マスク月産3億枚5月から納品」無 利益で
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は11日、新型コロナウイルス
感染拡大に伴い品薄となっているマスクについて、月に3億枚の製造ライン
を設立したと、自身のツイッターで表明した。利益を得ずに供給するという。

それによると「世界最大マスクメーカーBYD社と提携し、5月から納品」
医療用高機能N95を1億枚一般用サージカル2億枚を生産するとしている。
さらに「政府マスクチームと連携を図り、医療現場をはじめ、一人でも多く
の人々にSBは無利益でマスクを供給します」と記している。

これを読んだときに直ぐに思ったのは民間の人はこの様な事が瞬時に思いつき
手段を考え直ぐに行動に移すのですが何故政府のお偉い方々はこれ以上のお金
を使いまくり今だに届かないマスク2枚 本当に危機感感じて対応してるのか
疑問を感じます。とにかく全ての対応が遅すぎます。

船の話に戻ります。「フエリーの船内の換気について」
新型コロナウイルスは換気が不十分かつ、人が密に集まり、互いの距離が近い
空間で感染リスクが高いとされています。
一般的に他の交通機関やクルーズ船と比較して、フェリーはお客様ひとりあたり
の空間が十分に確保されています。

また、各船では、感染リスクを下げるため、フィルターを通した外気を取り入れ、

一定の時間内に内気と入れ替わるよう換気をしております。
「各場所ごとに短時間で頻繁に換気」

飛行機の換気について(JALでは)ご参考
旅客機の機内は一旦ドアが閉まれば目的地に着くまで外の世界と隔離状態になる為
に機内の空気はおおむね2分から3分で全て入れ替わる仕組みになっています。

多くの機種で機体後部の「穴」APU(補助動力装置)やエンジンなどから取り入れた
外気の1部をもとに常に新しい空気が作られ客室に送り込まれています。
それらの空気は機内を循環した後に機外に排出される仕組みになっておりこれ以外に
旅客機には機内で循環する空気を清潔に保つ為の高性能空気フイルターが備わっています。

今日は神戸からの ぱしふぃつくびいなす の 瀬戸内の魅力を全てを乗せてをご覧下さい。
緊急事態宣言発令中、外出出来ない自粛ムードの時間の取れる日曜日ゆっくりと風光明媚で
波穏やかな瀬戸内海を充分お楽しみ下さい。どうぞ下記をクリックしてご覧下さい。


https://www.youtube.com/watch?v=NzN_HWXrFgA