高雄通信14

安倍首相が「各家庭に布マスク2枚ずつ配布する」と発表した。
この緊急事態に何とちまちました的外れな政策を大真面目に言うのか、信じられない!
今緊急にやらなければならないのは「如何にして感染を防ぐか」「如何にして医療崩壊を防ぐか」ではないのか!
そしてその為に困窮する「企業・個人を如何にして救うのか」ではないのか。
マスク2枚配ってそれらがどうなると言うのか。しかも感染予防には効果がないと言われている布マスクを、である。
首相からの指示がどれだけ現場を混乱させ、本来急がなければならない業務の足を引っ張るかが判らないのか!
首相にこんなことを言わせるサポート体制はどうなっているのか?
高雄通信14をお送りします。                           関西支部 神原克收

14台湾人の親切(1).pdf

旅の良さの再発見(ダバオの友人から投稿)

忌々しきコロナウイルスのせいでダバオのアパートに閉じ込められ暇を持て余している正木伸治です。会員以外の人からの投稿は原則的に出来ませんが、こんな状況であることと、ダバオ在住16年の経験を踏まえて、ダバオの魅力を紹介させて頂きます。ご了解下さい。(非公式ですが、3月6日〜13日のフィリピン パラワン島ツアーに同行頂きました。)

僕のダバオの悪友( LSCの次期ダバオ支部長候補 ⁇ ‼ で、女性に受けが良く、花田名添乗員様の補佐役ですが、匿名希望です。 )が、LSCの新たなホームページ開設を祝うかのように、投稿してくれましたので、紹介させて下さい。

「ロングステイクラブの多くの人々は、パッケージツアーでは満足出来ないかも知れません。それは世界中を見聞きしている人が少なくないから !! と、お聞きしているからです。例えば『参加型ツアー』と呼ばれている様なものは、地元のお祭りや家庭料理作り等を一緒に楽しむ等が、旅行社でも一般化しているようですが、私がダバオでお勧め出来そうなのは、 〈1〉熱帯農園での体験{ バナナ・パイナップル・椰子・ドリアン・等、熱帯産果物狩りと収穫したての物の試食。コーヒーや椰子酒、野菜等の栽培・珈琲豆やカカオ豆の取り出し体験及び試飲 }それと今はお見せ出来ませんが、私はかって熱帯で、長芋や牛蒡の栽培にも成功しました。更に日本の種子を使い柔らかくて特大な茄子 [以外にも大味ではありませんでした] を実らせたリ、多くの日本の野菜も栽培して来ました。だがダバオで収穫された韮は硬いので、餃子なら問題有りませんが、炒め物にするには若葉のみ、また日本の温州みかんも3年前後で果実を付けました。〈2〉学校の成績は優秀だが、家が貧しい為大学に行けない人々を私は学費支援していますが、その明日のフィリピンを支える学生達との交流会[ 医学部・薬学部・化学部・法学部・商学部—等の学生達 ] なども面白いかも知れません。当然通訳は付けます。言うまでも有りませんが、貧しいが頭の良い学生たちは、この他にも一杯いますので、LSCの方々にも学費支援をして頂けたら大助かりですが。但し彼、彼女らが医者・弁護士・公認会計士等に成れるのは、早くても3∼ 5年先になりますので、ダバオ滞在中に安く利用しようとしてもダメですよ。〈3〉ロングステイで、楽しみながら美男美女の先生と、英語学習 ( だけでなくフィリピンの事全般を出来るだけ英語で語り合えば、上達も早いかも ) をするのも悪くないですよ。〈4〉ジプニーと呼ばれている “乗り合い車” と船で、近い所なら30分∼1時間も有ればダバオでは海水浴に行けます。エルニドやボラカイと比べたら, 綺麗さでは落ちますが、捨てたもんではありまん。— 〈5〉健脚の方々は、フィリピンで一番高いアポ山〔 標高は2954メートル 〕に登る事もお勧めします。北緯7度前後に有りますが、山頂でも低木ですが緑が有りました。また、標高2300メートル付近の湖の風景も中々良かったですよ。ただ山頂は、霙が降って酷く寒かったので、装備や気象にはくれぐれも御注意を。

ダバオでは、LSCの皆さんを何とかご案内出来そうですが、フィリピンの有名観光地では、名添乗員の花田御師匠様の代役を私は出来ませんよ。

私がダバオに16年住んでみて高く評価出来る事。

1): 治安が良い事。此れもひとえにゾテルテ様のお陰。関連しますが、武漢肺炎対策で空港全面閉鎖等、断固たる処置を採ったのも、国民の安全を守る為なので勿論私は支持致します。( 何処かの国の指導者とは大違いです。)
2): 物価が安い事。品目にもよりますが、平均日本の6~7分の1ぐらいでしょうか ?
3): 水道の生水が飲めること !! 今やスイスでも無理です。
4): 花粉症が無い事。私の様に重症の花粉アレルギーが有る者にとっては、其れだけでダバオは理想郷です。
5): お年寄りに優しく、買い物や病院で行列が出来た時等に、優先させてくれる事もよく有ります。一方日本は 「経済大国」等と言われていますが、老人ホームにさえ入居がし難いと言う情け無い現実ですが、ダバオではある程度の年金が有れば、一軒家を借りて、介護士を1日に3交代でお願いするのも、夢ではないのです。
6): オーストラリア・マレーシア・タイ国等と比べたら,フィリピンは日本に近いのも嬉しい事です。
7): 果物の種類が多く。特に安くて美味しい地域です。

日本は最近貧富の差が酷くなって来ましたが、ダバオでは残念ながら日本と比べものにならない貧困も有ります。しかし多くの人達は明るく楽天的で,友好的です。

こんな事も少し意識しながら、ダバオの旅行やロングステイをして頂ければ、一味違った面白さが味わえるかも知れません」

写真左     アクティビティとしてマティーの空の旅は如何

写真右   ダバオの有名な祭りでバゴボ族の代表として紹介された民族衣装を着た ミス バゴボ族の女性